■ダイエットの必要性

>>ダイエットにも効果的な青汁!

ダイエットはキツイ!ダイエットは苦しい!そんなイメージありませんか?ダイエットを行うことは、健康のためでもあるのです。肥満は今や現代病の一つ!肥満になることで、さまざまな合併症を引き起こしてしまうのです。特に合併症を引き起こしやすいことで有名なのが「メタボリックシンドローム」!!これは、体の外側ではなく体の内側…つまり、内臓に脂肪が付くタイプの肥満で、生活習慣が原因での肥満だといわれています。見た目は痩せていても内臓に脂肪が蓄積している人もいて、見た目で「肥満」とは判断できないのです。今こそダイエットを成功させて肥満改善を図り、「生活習慣病」と言われる現代の病気を克服しなくてはならないのです。

吉祥寺 不動産なら

■人が太る理由

 人が太る理由。それは、簡単に言ってしまえば食べすぎです(笑)「そうなの当然じゃん!」と思う方もいらっしゃると思いますが、では何故それを分かっていながら太るのでしょうか?分かっているなら、日本の肥満人口は減るはずです。しかし、それでもメタボリックになってしまうのが、これが生活習慣病と言われる由縁です。何もかもが便利になり過ぎた今の時代は、「動く」ことが少なくなりました。5分歩くだけのコンビニへも車を使ったり、レンタルビデオもインターネットでダウンロードすれば返却の必要がありません。それは、一日で摂取するカロリーの量と消費量が反比例する結果を生み出しているのです。また、仕事で忙しいなどの理由で運動することがなくなったことも関係しています。これが生活習慣病と呼ばれるもの!便利になりすぎ世の中が、逆に病気を誘発させているのです。そんな時代となってしまいました。だからこそ、自己管理が必要!ダイエットがこの現状を回避してくれるわけです!!痩せようと思ってダイエットしても続かずにもとの生活に戻ってしまう人も多いかもしれませんね。一番怖いのはリバウンドではないでしょうか?

■なぜリバウンドするのか

 皆さんは、ダイエットに失敗すると何故リバウンドしてしまうかご存知ですか?間違ったダイエット法は、リバウンドの原因。では、その典型的な例をご紹介しましょう!まず、短期間で痩せることを考えた場合、思い浮かぶダイエット法は恐らく「食べない」ことではないでしょうか?確かに食べなければ当然摂取カロリーが減るので体重は落ちます。しかし、そのダイエット法で目標体重に達する方というのは、相当意思が強い人だと思います。多くの人は挫折し、リバウンドしてしまうのではないでしょうか。何故か?それは、食べないことで脳に必要な栄養素である「グリコーゲン」が不足してしまうからです。グリコーゲンが不足すると、当然その分を体のどこかから補おうとします。そして、その補う場所は、グリコーゲンが多く含まれている「筋肉」を分解して脳への栄養素とするのです。そうなるとどうなるか?筋肉が細くなりダイエットに必要な基礎代謝が悪くなります。一定期間を過ぎる体重が落ちにくくなるのはこのため。基礎代謝が悪いために、カロリーの消費量が減ってしまうわけです。これが続くと痩せないためダイエット継続の意思が弱くなり、そし最終的にはダイエットを諦めてしまいます。すると今まで抑えていた食への欲望が反動となり、過剰な摂取カロリーでリバウンドに繋がってしまうわけです。これが、ダイエット→リバウンドの悪循環となるため、逆に体重が増えるといったことになってしまうわけです。だ・か・ら、リバウンドしないためには「食べる」ことが大事だと言えます!
大事なのは無理せず長期的にできるダイエットをすることですので、過度なダイエットではなくまずは少し軽めのダイエットが良いでしょう。
栄養満点のグリーンスムージーなど簡単に野菜などに含まれる栄養を摂れるものを試すのもオススメです。

Copyright (C) 2008 Diet Syndrome. All Rights Reserved.